クリエイト薬剤師の仕事内容

クリエイトで働く薬剤師の仕事内容

クリエイトの薬剤師の業務は多岐にわたっています。店舗の運営形態も郊外型のドラッグストアもあれば、ドラッグストアに調剤薬局が併設されている店舗、医療モール型の店舗、ショッピングセンター型と様々です。行われている薬剤師の業務から、クリエイトで求められる薬剤師の姿を見ていきます。

まず、ドラッグストアにおける薬剤師には、薬剤師としての知識とともにその周辺分野の知識が求められます。例えばストア内で健康相談会を行う際は、機械で骨密度を測定し、それに基づくアドバイスを行ったりもします。そのアドバイスというのは、お薬に関することというよりも「こういう栄養を取りましょう」とか「こういう運動をしましょう」ということが主で、栄養や運動といった周辺の知識が必要になります。最も薬剤師としての知識が求められるのはOTC(一般医薬品)販売です。来店したお客様に対して症状を聞きながら、薬歴もヒアリングして薬のアドバイスを行い、最終的にお客様が選択する際のアドバイザー的役割を担います。処方箋(医療用医薬品)の知識とともに、一般医薬品両方の効能や副作用に関する知識が必要になりますが、店舗でお客様に直接触れ合う分、反応も直接帰ってくることがやりがいにつながります。

薬剤師としてのメイン業務として、調剤・在宅医療サポートがあります。調剤・在宅医療サポートを行う薬剤師は、調剤薬局(併設型も含む)に勤務します。処方箋に基づき薬を用意し、薬の説明とともに服薬指導を行います。そして、在宅医療業務としては週に1〜2回ほど医師や看護師とともに介護施設を訪問して、処方箋を届け、服薬指導を行っています。クリエイトの在宅医療サポートの特色は単に薬を届けて服薬指導を行うだけではないことです。必ず医師の往診に同行し、医師や看護師とのカンファレンスにも出席しチーム医療を担っています。そこでは患者の情報を共有することもありますし、専門家の立場から相互作用や副作用を考えてどの薬が良いか質問されることもあります。薬剤師の役割が軽視されがちの中、薬剤師の専門性を活かして服薬指導、処方提案や処方設計ができるなど、薬剤師の可能性を広げる業務展開を行っています。

クリエイトでは両方の知識を身につけるために、一般医薬品販売担当から始めていき、その後希望に応じて調剤・在宅医療サポート担当になることができます。その後も調剤研修などの様々な研修プランの立案・実施などの業務もあります。

クリエイトの薬剤師求人を探すならココがオススメ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ