クリエイトの薬事部の薬剤師求人をお探しの方へ

クリエイトの薬事部の薬剤師求人を探す

クリエイトでは多くの店舗で薬剤師を積極的に募集しています。薬剤師を積極的に活用していこうとする企業の姿勢が、転職先としてのクリエイトの人気の理由となっています。

しかしながら、採用されたからといって薬事部に採用されるわけではありません。クリエイトではOTC販売のことを深く知らなければならないので、最初はOTC販売から始めるという方針があります。そのため薬剤師として採用されると、最初は店舗に配属されます。そこでOTCの効能や副作用に関する知識を身につけた上で、数年にわたって経験を積んでいき、様々な部署に異動していきます。

薬事部の業務は薬剤師や登録販売者の教育や新規店舗開設時の窓口となることが主な業務になります。調剤薬局に属する薬剤師であれば処方箋に関する業務研修のプログラムの作成、外部から講師を招いての新薬の勉強会や臨床の勉強会のプログラムを作ることも業務範囲の一つです。また、第二種医薬品の販売を担当する登録販売者の商品知識やOTCに関わる薬剤師への商品知識を高めるための勉強会プログラムの作成、健康相談会などで栄養や医療に関するアドバイスができるようになるための知識を身につけるための研修などの主催も薬事部の業務です。その他にも、近隣薬局との合同勉強会や交流会を行うこともあり、そのコーディネートも薬事部の業務範囲になります。

最近ではおくすり相談室として、電話などで医薬品の相談を受け付けることもあり、相談室担当が分からないことがあった際には薬事部に所属している担当薬剤師に最終的に確認することになっています。このように薬事部の業務には調剤薬剤師として、OTC販売担当薬剤師、在宅医療担当薬剤師としての豊富な経験が求められますし、薬に関する防波堤としての役割があるので責任重大です。長い業務経験を積んだベテラン薬剤師の方や、薬局長クラスの人が兼務することが多いようです。

薬事部勤務といっても、薬剤師として採用された上で様々な業務の経験を積まないとそこに配属されることはありません。薬事部は、医薬品販売などに関するすべての業務の防波堤のような役割ですので、店舗でのOTC販売やその他に付随する業務、調剤薬局での調剤経験や在宅医療の経験、おくすり相談室での相談経験など、医薬品に関するエキスパートでなければなりません。そのためには、薬剤師としての経験はもちろんのこと、常に勉強する姿勢を忘れずに知識を最新のものにアップデートしておく必要があります。

クリエイトの薬剤師求人を探すならココがオススメ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ